ストレスを解消して病気にならない身体をつくるには

不動明王
Pocket

ほとんどの病気の原因はストレスから

こんにちは。

「心とカラダの相談室」コンフォートフォレスト

心とカラダのカウンセラー 西野 みどり です。

皆さんはストレスを感じたら どのように解消していますか?

 

会社でいやなことがあったら 朝 会社に行きたくなくなります。
上司に強く注意されたり 取引先とトラブルになっていたり
2,3日で解決できればいいのですが
ずーっと同じ状況が続いたりむしろ状況が悪くなる一方だとしたら
気持ちも落ち込むし身体にも症状が出てしまいます。

 

ストレスの感じ方は人によって違います。

なにをストレスと感じるか それはひとそれぞれ違うのです。

同じ人でも時期や状況によっても

感じ方は違ってきます。

 

人が生きて生活していく以上
ストレスは多かれ少なかれ 必ず存在します。
ストレスが全くなくなることは ないかもしれません。
というのは

 

ストレスは 考え方のくせからくることが多いからです。

考え方のくせは
小さい頃に親から言われたり
自分の経験から決断したことです。

 

例えば 『頑張らないと認めてもらえない。』

という信念があったとしたら
人から認めてもらえるように頑張り続けます。
でも ずーっと頑張り続けていると疲れてしまいますね。

少々具合が悪くても
無理をしてでも頑張りつづけてしまいます。

そんな生活が 5年 10年と続けば身体に負担がかかります。

食欲が無くなったり夜熟睡できなくなったり
徐々に体調を崩してしまうかもしれません。

不動明王

症状がでてはじめて
対処しようとして病院に行ったり薬を飲んだりしますが

ご自身の生活やストレスの状況を振り返り
改善していくと根本的な病気の予防になります。

身体のことで 気になることがあるというかた

無理をしていないか?
我慢していることはないか?

ご自身の生活を振り返ってみてはいかがでしょうか?