病気になる人とならない人との違い。

Pocket

病気になる人とならない人との違い。

病気になってしまった時に

よく 出てくる言葉に

『どうして 病気になってしまったんだろう???』

という言葉を 聞きます。

確かに 自分には身に覚えがないし

原因も見当たらない。

私が 見ていても確かに

この方は 食事も気をつけているし 不摂生もしていないのになぜ??

と思う時があります。

逆に 毎日お酒を浴びるように飲み 食事も外食ばかり

辛いもの、加工品、添加物のオンパレード。。

でも 体調はすこぶる良好。。という方

 

確かに 持って生まれた体質がありますが

どうしてこのような差が起きてしまうのか?

病気を遠ざける要因を考えてみたいと思います。

 

 

抵抗力、免疫力、元気、自然治癒力

抵抗力、免疫力、元気、自然治癒力。。

これらに共通することは 目に見えない、測定できないということです。

病気について 論じるときに必ずと言っていいほど 出てくる言葉ですが

誰も 見たり聞いたり、検査した事がありません。

人間の暮らしの中で 経験的に自然に生まれてきた観念かもしれません。

確かに 風邪をひきやすい人は しょっちゅう風邪ばかり引いていますし

病気を繰り返す人は 種類の違う病気を繰り返しています。

私も 風邪を引くのは 10年に1回あるかないか。滅多に病気になりません。

それは 自分が病気になるはずがないと思っているからなのです。

これは 特に根拠はないのですが 昔から確信を強く持っています。

やはり 昔からよく言われる

『病は気から。』

という事ですね。

気の正体は?

この見えない『気の正体』は

東洋医学では 『衛気』と言われています。

西洋医学では 免疫力、抵抗力と言われるものだと思いますが

ネガティブなエネルギーや マイナスのエネルギー、

他人のネガティブエネルギーなどの影響もあるようです。

それらを ひっくるめて浄化する事ができるのが ブレインクリアセラピー®︎の特徴です。

原因不明の病気を繰り返している方、虚弱体質で 病気になりやすい方

遺伝的な病気を持っている方、

もしかしたら 土地や家に付いているマイナスエネルギーの影響かもしれません。

ブレインクリアセラピー®︎は 簡単に浄化することができます。

思い当たる方は 体験セッションを受けてみてください。

本日も お読みいただきありがとうございました。

『自由が丘 コンフォートフォレスト』

西野 みどり