心理カウンセリング

西野 みどり
Pocket

心理カウンセリングとは

  • 心理カウンセリングは 心の悩みやトラウマなどの辛い、苦しい思いがあって
  • 自分ではなかなか解決できないときに
  • 心理カウンセラーの解決のサポートで 悩みや苦しみから抜け出すことができます。
  • 私が行っている 再決断療法(インナーチェンジングセラピー)は交流分析の考え方が基本になっています。
  • 交流分析は1950年代に 米国の心理学者であるエリック=バーンによって提唱された心理療法です。
  • 交流分析に基づいた再決断療法(インナーチェンジングセラピー)は
    小さい時に経験したり、決断したことで持ち続けている『思い込み』や
    『決心した事』が生きづらさや悩みの原因になっている場合にこれを
  • 再度 決断し直すことで生きづらさをなくして行きます。
  • 生きずらさを生む思い込みのせいで 人生がうまくいかない方が
  • カウンセリングを受けることで 解決し生きやすくなることができます。

 

禁止令について

自分を制限する思い込みは 『禁止令』といって 24個ほどあります。

『禁止令』は もともと幼い自分を守るために身につけてきたものなので

人生のありとあらゆる場面(人間関係、パートナーシップ、親子関係などに

大きな影響を与えます。

『禁止令』は 自覚していない意識 すなわち無意識の領域にあり 自分ではコントロールできないので

なかなか変わることが難しいと言われています。

そこで 再決断療法は いらない『禁止令』をなくして 生きづらさを解消

して 悩みを根本的に解決して 心を楽にします。

短期間で深い意識を変えることができます。

 

こんな方にお薦めします。

このようなことで お悩みの方が起こしになります、

⬜︎ 人前で緊張する方

⬜︎男性(女性)が苦手

⬜︎ 過去にいじめにあっていた。

⬜︎ 母親から(父親)虐待(暴言)を受けていた。

⬜︎ 自分はアダルトチルドレンである。

⬜︎パワハラを受けていた。

⬜︎愛する人を亡くし ずっと立ち直れない。

⬜︎恐怖症 ( 高所恐怖症、末端恐怖症、閉所恐怖症、ゴキブリ恐怖症など

⬜︎よく死にたいと思う。

⬜︎依存症 (アルコール、ゲーム、タバコ、買い物など)

⬜︎ 自分は価値がない。ダメだと思ってしまう。

⬜︎ 恋人に重いと言われる。

 

⬜︎ わざと自分を傷つけるようなことをする。

◎ 自分では 理由がよくわからなくてどうしたらいいかわからないという方

 

お話をしながら 一緒に解決へ向かって歩んで行きましょう。

カウンセリングについて

カウンセリングは 対面または電話で行います。

2週間前後の間隔で 何回か受けていただいています。

最初に お話を伺って 解決へ流れをご説明します。

その上で 目安となる回数や料金をお伝えします。

精神科にかかっている方 重病の方はお断りする場合があります。